/

この記事は会員限定です

緊急事態宣言検討、市場の見方 景気・相場の行方は

[有料会員限定]

菅義偉首相は4日、新型コロナウイルスの感染拡大への対応として緊急事態宣言の検討に入ると発言し、この日の日経平均株価は一時、400円超下落した。宣言の対象は東京都、神奈川、埼玉、千葉になる方向。野村総合研究所の木内登英エグゼクティブ・エコノミストの試算によると、1都3県で1カ月の緊急事態宣言が発令された場合、年間の国内総生産(GDP)の0.88%にあたる4.89兆円の個人消費が減少する見通しだという。もっとも、市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1886文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン