/

この記事は会員限定です

金融サービスも脱・自前、三菱UFJが共通基盤 11社参画

[有料会員限定]

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)がスマートフォンで保険から投資信託まで幅広い金融商品を売買できるサービスを始める。外部とデータ連携する仕組みを使い、グループ外を含めた11社の金融機能をまとめて使えるようにする。これまで自前で閉じてきた金融サービスが連携に大きくかじを切る転機になりそうだ。

三菱UFJ銀行が12月からスマホサービス「Money Canvas」を始める。グループ傘下の金融機関のほか、大和証券グループ本社や東京海上日動火災保険...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1079文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン