/

この記事は会員限定です

セガサミー、ゲーセン売却で「SEGA」復活の逆説

証券部 小池颯

[有料会員限定]

セガサミーホールディングスは旧セガ時代から半世紀以上にわたって運営してきたゲームセンター施設事業を売却して特別損失約200億円を計上する構造改革を昨年11月発表した。ゲーセン部門は売り上げが409億円(2019年3月期)と大手だっただけに関係者を驚かせたが、低迷していた株価はその直後から復調。上昇率はゲーム企業の中で群を抜く。ゲーセン売却を契機に市場は、同社が蓄えてきたゲーム会社としての開発力に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1575文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

記者の目

記者が独自の視点で企業を分析。企業ニュースの背景や株価変動の要因、プロの投資家が注目するポイントなどをわかりやすく紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン