/

この記事は会員限定です

マツキヨ・ココカラ、売上高1.5兆円目標が呼ぶ再編観測

証券部 宮脇雄斗 

[有料会員限定]

マツモトキヨシホールディングスココカラファインが2月26日、2021年10月の経営統合で最終合意したことを受けて、ドラッグストア業界の再編が加速するとの観測を呼んでいる。統合新会社が26年3月期に目指す経営目標は売上高で1兆5000億円。目標達成にM&A(合併・買収)が不可欠との見方が出ているためだ。達成に向けたシナリオを考察すると、統合の先に見据える新会社の経営戦略が浮かび上がる。

「全国で3000店を超えるドラッグストアとして圧倒的な店...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1847文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン