/

この記事は会員限定です

ニコン、米新興株売却益203億円を計上 

[有料会員限定]

ニコンは2日、有価証券を売却して2021年3月期の単独決算で203億円の売却益を計上すると発表した。売却したのは16年から出資していた米新興企業の株式。国際会計基準(IFRS)を採用しており連結最終損益への影響はない。資産効率を引き上げ財務を強化する。

保有する米バークレー・ライツの株式を1日に金融機関と相対で売却した。同社は半導体や光学技術に強みを持ち、細胞培養や選別を自動化する機器を手掛ける。細胞株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り246文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン