/

この記事は会員限定です

航空2社が社員出向拡大 ANAは累計750人、想定の2倍

[有料会員限定]

航空大手2社の社員の外部出向が広がっている。ANAホールディングス(HD)が2020年10月以降にグループ外へ出向させた社員の累計数は約750人と、当初想定の下限と比べ2倍近くになった。日本航空(JAL)も足元の出向者数が約1400人と2月から4割増えている。新型コロナウイルス禍で旅客需要が低迷する中、雇用維持策としての重要性が増している。

ANAHDの社員は企業や自治体など200超の団体、JALは約120の団体が受け入れてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン