/

この記事は会員限定です

財政の「かけふ」出番待ち

大機小機

[有料会員限定]

稼ぐ、削る、防ぐ。それぞれの頭文字をとった「かけふ」という言葉は、伊藤忠商事の岡藤正広会長CEO(最高経営責任者)が「商売の3原則」を表すためにつくった造語だ。これは財政にも通じる。

新型コロナウイルスの感染拡大で、世界各国の財政支援は2020年末で14兆ドル(約1460兆円)に膨らんだ。財政赤字も急拡大している。

日本も20年度は55兆円の税収見通しに対し、3度の補正を含め175兆円の予算を組んだ。21年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り708文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン