/

この記事は会員限定です

気候変動、企業に対応迫る 住商やMUFGに株主提案

[有料会員限定]

企業が気候変動に関する戦略策定や情報開示を迫られている。非政府組織(NGO)などは三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)や住友商事に今年の株主総会に向けた株主提案をすることを明らかにした。株主提案に機関投資家が賛同するケースもあり、企業が自ら応じる事例も出てきた。

気候変動への対応は6月に改定されるコーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)にも盛り込まれ、対応が急務になっている。

環境NGOのマーケット・フォースは住友商事に対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1457文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン