/

この記事は会員限定です

企業年金利回り、20年度は13.3% 11年ぶり高水準

R&I調べ

[有料会員限定]

年金コンサルティング大手の格付投資情報センター(R&I)の調査によると、2020年度の企業年金の運用利回りはプラス13.3%(19年度はマイナス1.3%)だった。リーマン・ショックの反動が出た09年度にプラス13.8%を記録して以来、11年ぶりの高水準となった。

新型コロナウイルスのまん延による市場への影響で資産の4分の1を占める国内外の株価が急回復し、収益全体を押し上げた。

約110の企業年金(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り324文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン