/

この記事は会員限定です

資本コスト経営 定着へ3度目の挑戦

市場と企業 財務力を磨く(中)

[有料会員限定]

企業統治(コーポレートガバナンス)改革の主眼は、資本効率を意識した経営を日本に根付かせることだ。企業はROIC(投下資本利益率)など経営指標の導入から、社内の隅々に浸透させる段階にきた。バブル経済の崩壊後、3度目となる資本コスト経営のブーム。定着なるか、投資家の視線も厳しさを増している。

「こんなに低いのか」。昨年、荏原の大型ポンプ製造部門に所属する40代後半の木村早帆品質管理課長は、社内研修で知...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン