/

この記事は会員限定です

「米SNS波乱は押し目」 待機マネー、下値の支えに

証券部 須賀恭平

[有料会員限定]

先週末の米国株安を受けた1日の東京株式市場では、ヘッジファンドなどが取引を手じまう動きがどこまで広がるかが焦点だった。危惧した動きが弱いことに買い方は勢いづき、日経平均株価は427円高となった。米SNS(交流サイト)で連携した個人投資家の動きは政治や規制の問題に飛び火しようとしている。影響の見極めは難しいものの、ひとまず短期収束への期待が勝った。

寄り付きで市場関係者の目が向かったのが空売り残高の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1036文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン