/

この記事は会員限定です

昭和電線HD、1割営業増益 20年10~12月期LAN好調

[有料会員限定]

電線大手の昭和電線ホールディングスの2020年10~12月期の連結営業利益は、前年同期比1割増の30億円弱となったようだ。学校の通信網整備でLAN(構内情報通信網)ケーブルが堅調だった。自動車生産の回復を追い風に導電性が高い銅など利益率の高い製品も伸び、4四半期ぶりに増益に転じた。

売上高は横ばいの430億円前後となったもよう。通信向けは小中学校の生徒1人に1台の端末提供を目指す政府の施策「GIGAスクール構想」を追い風...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り411文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン