/

この記事は会員限定です

上場企業の未上場株保有3兆円 トヨタ、成長の芽探す

19年度、三菱電機や住友化学など拡大

(更新) [有料会員限定]

未上場株への投資を増やす上場企業が増えている。デジタル化を見据え、IT(情報技術)企業などと組んで新規事業を創出する狙いがある。2019年度の有価証券報告書での開示を集計したところ、総額は約3兆円にのぼることがわかった。国内スタートアップによる年間資金調達額の7~8倍の規模になる。持ち合い株を売却する一方で資金を振り向けており、政策保有株全体の1割強を占めるようになった。

積極的な投資が目立つのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1501文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン