/

この記事は会員限定です

山口周氏「社会の問題を発見し、企業の意味を創造せよ」

コロナ後の資本主義

[有料会員限定]

新型コロナ禍の日本では、リモートワークの浸透や一人キャンプの流行など、人々の志向や生活にも大きな変化が表れた。電通やボストンコンサルティンググループ(BCG)などで企業の戦略策定や組織開発に携わった作家の山口周氏は「人々の価値観が変化し、循環型社会の志向や精神的充足などが新たな価値となりつつある」と指摘。これからの会社や人材には「社会から大きな問題、課題を見つけだし、解決しようとする力が必要」と説...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1769文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン