/

この記事は会員限定です

公示地価もK字型 コロナで工業地上昇・商業地下落

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大以降、小売業界をはじめ様々な分野に表れている「K字型」の回復。好不調の格差拡大を示すが、公示地価でも二極化の傾向が鮮明になっている。訪日客の減少などで商業地は7年ぶりの下落となった一方、工業地は巣ごもり消費を受けたネット通販の拡大により、物流施設の需要が増えて上昇した。生活様式に変化がみられるなか、市場では今後も格差が広がっていくとの見方が多い。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン