/

この記事は会員限定です

ニトリ、西松屋…2年目の巣ごもり需要に高いハードル

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて大都市圏で緊急事態宣言が再発令されてから約2週間が経過したが、株式市場では昨年春以降のコロナ禍でも業績を伸ばしてきた小売株への物色が広がらない。外出自粛で家具や身の回り品、食品の需要が増えるとの期待は根強い。しかし「巣ごもり」も2年目に入ると、急激に伸びた前年の実績が高いハードルとして立ちはだかる。半導体などデジタル関連の成長株に投資資金が流入する一方、巣ごもり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り904文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン