/

この記事は会員限定です

日米金利、デカップリングに3つの理由

景況感・財政政策・金融政策

[有料会員限定]

米長期金利の上昇(国債価格の下落)が止まらない。バイデン米次期政権下での巨額の財政支出を巡る思惑から2020年3月以来の水準に上昇した。国内債にも売りを促す要因となっているが、日本の長期金利の上昇幅は限られている。日米の金利がデカップリング(分断)するのには3つの理由があり、日本の長期金利の足元での上昇は長く続かないとの見方は多い。

PMIの勢いや国債増発観測に差

連休明け12日の国内債券市場で長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1285文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン