/

この記事は会員限定です

米ブラックロック、アジアの劣悪労働環境に「NO」

コロナ大量感染のゴム手袋大手、ESGマネー逃避も

[有料会員限定]

【NQNシンガポール=村田菜々子】世界各国が株高に沸く陰で、東南アジアの劣悪な労働環境に対する投資家の視線が厳しさを増している。米資産運用最大手ブラックロックは6日、新型コロナウイルスの大規模なクラスター(感染者集団)を出したマレーシアのゴム手袋製造大手トップ・グローブの株主総会で、社外取締役6人の再任に反対票を投じたと伝わった。欧米の投資家を中心に、工場や従業員寮の環境整備が遅々として進まない企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り922文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン