/

この記事は会員限定です

LIBOR廃止まで1年 ドル建ては延長検討、移行準備道半ば

[有料会員限定]

世界的な金融取引の指標、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の公表が停止される2021年末まで残り1年あまりに迫った。ここに来て算出主体の取引所がドル建てLIBORの大半について公表延長を検討するなど情勢は流動的だが、後継指標の算出準備や、基準金利の変更などポストLIBORを見据えた動きは少しずつ進んでいる。

「時間の猶予はできたが、考慮すべき手続きが増えた」。PwCコンサルティングの安達哲也パー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1498文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン