/

この記事は会員限定です

NY証取、中国通信3社の上場廃止撤回 訴訟リスク警戒か

[有料会員限定]

【NQN香港=安部健太郎、林千夏】年明け早々、ニューヨーク証券取引所(NYSE)が前言撤回のドタバタ劇を演じることになった。トランプ米政権による一部中国企業の売買禁止措置を受け、中国移動など中国通信大手3社の米預託証券(ADR)の上場廃止手続きを進めると昨年末に発表していたが、米国時間の4日にこれを撤回すると発表した。これらの銘柄が重複上場する香港市場では、NYSEが「訴訟リスクを恐れたためではな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1542文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン