/

この記事は会員限定です

「持続可能性向上へ、強靱な取締役会を」内ヶ崎茂氏

コロナ後の資本主義

[有料会員限定]

新型コロナ禍は上場企業のESG(環境・社会・企業統治)への取り組みにも変化を及ぼそうとしている。企業にはより持続可能性(サステナビリティー)の高い経営を求め、投資家にも企業価値を測る新たな評価軸の設定を迫る。三菱UFJ信託銀行のコンサルティング事業が独立し、企業統治のあり方を企業などに助言・提案するHRガバナンス・リーダーズ(東京・千代田)の内ヶ崎茂社長は「持続可能性の向上へ、様々な専門性を持った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン