/

この記事は会員限定です

NY原油急落「ワクチン相場終了」「早期に60ドル回復」

市場関係者の見方

[有料会員限定]

23日のニューヨーク商品市場で原油先物が急落した。欧州で新型コロナウイルスの感染が再拡大し、エネルギー需要の回復が鈍るとの見方から、指標油種WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近5月物は一時1バレル57.25ドルと期近物として2月上旬以来の水準まで売られた。昨秋からほぼ一本調子で上昇し、3月8日には67ドル台後半まで上昇していたが、最近は調整色が強まっている。今後の見通しを市場関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1254文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン