/

この記事は会員限定です

続く豪ドルの先高観 豪中銀、通貨高けん制なく

[有料会員限定]

オーストラリア準備銀行(豪中央銀行)は2日開いた理事会で、金融政策の維持を決めた。声明では足もとの外国為替市場で進む豪ドル高と、債券市場での豪長期金利の上昇(価格の下落)に目立ったけん制はみられなかった。市場では「豪ドル高を阻む要素が1つ取り除かれた」との受け止めが目立ち、先高観が強まっている。

豪中銀は理事会で、政策金利や3年物豪国債利回りの目標を0.1%とする方針や、国債などの資産を買い入れる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン