/

この記事は会員限定です

アリババ、強まる四面楚歌 米で投資禁止報道、国内でも広がる批判(Asiaウオッチ)

[有料会員限定]

【NQN香港=桶本典子】中国電子商取引(EC)最大手のアリババ集団(@9988/HK)に、国内外から逆風が強まっている。米国人の投資が禁止されるとの観測が浮上した一方、中国国内でも市場の寡占などを巡り官民双方から批判を浴びている。創業者の馬雲(ジャック・マー)氏を巡っては、所在不明説が流布される騒動もあった。市場関係者からは「事業や資本構成の見直しを迫られる可能性がある」(第一上海証券ストラテジス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1677文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン