/

この記事は会員限定です

株高に忍び寄る「ボルマゲドン」 米金利高、導火線の先

[有料会員限定]

日経平均株価が30年5カ月ぶりの高値水準である2万8000円台で堅調に推移している。米株価指数も軒並み過去最高値の更新が続く。新型コロナウイルスの感染拡大を背景とした財政・金融政策のフル動員をベースに、バイデン次期米大統領への期待感などを巻き込みながら株価の上昇が止まらない。「いつか暴落する」との警鐘すら飲み込んできた感のある株高の大波。だが、いよいよ調整が来てもおかしくない兆候がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1936文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン