/

この記事は会員限定です

上場来高値のイオンが照らす、郊外型消費の成長力

NQNスペシャル

[有料会員限定]

24日の東京株式市場でイオンの株価が上場来高値を更新した。23日に2021年2月期の業績見通しを上方修正したことが好感された。総合スーパー事業の食品部門やスーパーマーケット事業の売り上げが大きく伸びたという。イオンの特徴は郊外に店舗展開していること。新しい生活様式での消費行動の変化への対応力が映し出されている。

イオン株は24日、一時前日比140円(4.5%)高の3257円まで上昇し、高値を更新した。2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン