/

この記事は会員限定です

女性役員比率、企業が「公約」 ESG重視 株主に明示

[有料会員限定]

上場企業が女性役員の拡充に動く。リコー日本ユニシスは全役員に占める女性比率を2倍にする目標を掲げた。菅政権が女性管理職比率を30%に高める目標を打ち出し、投資家も投資先の選別基準としてESG(環境・社会・企業統治)を重視する傾向が強まる。株主らに女性比率を数値で「公約」することで経営陣の多様性向上を本格化する。

リコーは女性役員(取締役と執行役員、監査役)の比率を2030年までに18%と現在の9.8%(41人のう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1377文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン