/

この記事は会員限定です

債券市場と日銀、蜜月関係に影 点検に身構え

[有料会員限定]

日本国債の利回り上昇(価格下落)が続いている。3月に公表を予定する金融政策の「点検」に絡み、日銀が国債の買い入れ手法の見直しで購入額を減らすとの観測が根強いためだ。巨額の買い入れが債券相場の支えになるという市場と日銀の蜜月関係に影を落としており、市場参加者は点検結果に身構えている。

市場参加者、買い入れ見直しは「金利上昇要因」

1日の国内債券市場では長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは0・0...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1301文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン