/

この記事は会員限定です

任天堂株、7万円へ足踏みも「プロスピ」に見る開拓精神

[有料会員限定]

18日の東京株式市場で任天堂は小幅に反落し、前引けは30円安の6万8580円だった。朝方に前日比2%安まで売り込まれたが、その後は上昇に転じる場面もあった。取引開始前に新たなゲームタイトルが発表されたことで投資家の思惑が交錯したが、市場からは「7万円台回復の日は近い」との見方が相次いだ。

「新規タイトルの発表で期待外れだった海外勢と、うれしいサプライズだった国内勢の投資家の売買が拮抗した」。エース経済研...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン