/

この記事は会員限定です

米金利高に揺れる「点検」 日銀、緩和長期化へ柔軟性

[有料会員限定]

日銀は18~19日に金融政策決定会合を開く。終了後に金融政策の「点検」結果を公表するとあって、市場の注目度はいつになく高い。2%の物価安定目標の達成が遠のくなか、日銀は長引く低金利に伴う副作用の軽減策を示しつつ、さらなる緩和の長期化に道筋を付けたい考えだ。ただ、2月末以降は米国の長期金利が予想外に上昇した。点検を巡る議論は複雑さを増しており、市場では様々な見方が飛び交っている。

市場で意見が分かれるの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1075文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン