/

この記事は会員限定です

GSから「左」に転身した男、次期SEC委員長へ

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

次期米証券取引委員会(SEC)委員長の最有力候補のあだ名は「保安官」。民主党のジョー・バイデン氏が20日、米国の第46代大統領に就任するのを前に、米金融市場は戦々恐々としている。バイデン政権と市場との関係は「ハネムーン」とはなりそうにない。

「SECはこの20年で最も厳しい規制当局になる可能性がある」。16日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)電子版はこう伝えた。

SECの委員長はト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り914文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン