/

この記事は会員限定です

「自警団」バブル見抜くか 米ハイテク株が予兆示す?

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

資産バブルやインフレの兆しがあれば敏感に反応して警告を発する機能がかつては債券市場にあり「債券自警団」と呼ばれた。だが長く続く世界的な量的緩和によりその役割は衰えた。金融市場では急ピッチの株高への警戒感がくすぶる。債券に代わっていま、波乱の兆しをつかむとすればどんな資産だろうか。

26日の東京株式市場で日経平均株価は反落した。2万9000円の大台を前に足踏みが続く。市場が注目するイベントは米連邦準...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン