/

この記事は会員限定です

21年度の日本経済「回復に頭打ち感」

第一生命経済研究所 主席エコノミスト 新家義貴氏

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染の影響が続きそうな2021年度の日本経済をどう見通すか。第一生命経済研究所の主席エコノミスト、新家義貴氏は「一本調子の回復にはならず、頭打ち感が出てくる」と話し、21年度の実質成長率を3.3%と予測する。その最大の要因は「ワクチン普及に時間がかかるとみられること」という新家氏に聞いた。

「ワクチン普及には時間がかかる」

――21年度の経済予測を教えてください。

「実質成長率は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1713文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン