/

この記事は会員限定です

アルゴリズム揺さぶるVIX急伸 ドル弱気派が再び消沈

NQNシンガポール 編集委員 今晶

[有料会員限定]

唐突な株式市場の混乱は外国為替市場にも波紋を広げた。米ドルが上昇し、対円では一時1ドル=104円30銭台と2週ぶりの高値を付けた。米連邦公開市場委員会(FOMC)を波乱無く通過し「ドル売りの基本アルゴリズムを変える必要はない」と判断したコンピューター投資家が、変動性指数(VIX)の思わぬ急上昇や株安によって勢いを失った。

27日のVIX急伸について市場では「個人の投機集団に市場がかき回されるリス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン