/

この記事は会員限定です

米Zoom、コロナ後の成長鈍化懸念和らぐ 11~1月期

強気な業績予想好感、時間外で株価急伸

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=戸部実華】ビデオ会議システムの米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが「コロナ後」の成長鈍化の懸念を退けた。1日夕(日本時間2日朝)に発表した2020年11月~21年1月期決算で売上高は前年同期比4.7倍に増え、業績見通しも市場予想を優に上回った。新型コロナウイルスのワクチン普及で経済活動の正常化の機運が高まる中でも、新サービスや海外を軸に成長を続ける考えだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1339文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン