/

この記事は会員限定です

利益拡大から資本効率へ 株価「勝ち組」40年の動き

市場と企業 変わる評価軸㊤

[有料会員限定]

株式市場と企業は社会に富をもたらす両輪となってきた。29年半ぶりの高値を回復した日経平均株価の上昇が持続するには、市場が有望企業に資金を配分し、企業が社会に革新を生む循環が欠かせない。市場と企業の新たな姿に迫る。

デジタル化のなかで株価が上昇する企業の顔ぶれが変化している。市場が企業のどの力を評価しているのかを探ると、かつての規模や利益の伸びから、投下資本に対して高い利回りを生み続けられる力に変わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン