/

この記事は会員限定です

揺れる北極星、マネー迷走 世界に悪い金利上昇の芽

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

米長期金利の上昇(債券価格は下落)が世界的な株安を引き起こしている。背景には赤字が急速に膨張する米財政への不安がある。新型コロナウイルス禍を大規模な金融緩和と財政拡大でしのいできた世界経済の先行きに景気を冷やす悪い金利上昇の影が忍び寄る。

注目された4日のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の公開討論では現時点で長期金利上昇を抑制する姿勢を示さず、米国の10年物国債の利回りは再び1.5%を上回り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1171文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン