/

この記事は会員限定です

地銀の投信販売、積み立てが拡大

[有料会員限定]

地方銀行で投資信託の積み立てによる販売額が増加している。「ファンド情報」が販売状況の調査対象としている地域金融機関の合計で、2020年7~9月期の投信積み立て販売額は、19年7~9月期に比べ3割増加し約620億円となった(比較可能な金融機関が対象)。背景には、地銀の多くが投信残高に応じて得られる信託報酬を柱としたビジネススタイルを目指しており、そのための手段として投信積み立てに注力していることがあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り980文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン