/

日経平均、大幅反発 終値437円高の2万8779円

(更新)

5日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発し、前日比437円24銭(1.54%)高の2万8779円19銭で終えた。昨年来高値を付けた1月25日以来の高水準。米景気の回復期待が高まり、投資家が運用リスクを取る姿勢が強まった。相次ぐ決算発表で2021年3月期の業績見通しを上方修正した銘柄などへの買いが集まった。

米失業保険申請件数の減少や米追加経済対策の早期成立への期待感を背景に、前日の米株式相場が上昇。その流れを東京市場も引き継いだ。日本時間5日の米株価指数先物相場が堅調に推移し、アジア株も上昇したことで投資家心理が上向いた。先物主導で上昇し、現物株にも買いが入った。

業種別東証株価指数(TOPIX)では、原油高を背景に鉱業が上昇。米追加対策が実施されれば景気回復が加速するとの期待感から空運や鉄鋼などの景気に敏感な銘柄が買われた。

決算発表で21年3月期見通しを上方修正するケースが相次いでいることも指数上昇の追い風になった。マツダやNTTデータなど、4日に上方修正や20年4~12月期の業績改善を発表した銘柄を中心に買いが増えた。前日に大幅に上昇したソニーへの買いはこの日も続いた。

JPX日経インデックス400は反発。終値は前日比213.72ポイント(1.27%)高の1万7080.72だった。東証株価指数(TOPIX)も反発し、25.83ポイント(1.38%)高の1890.95で終えた。そろって昨年来高値を更新した。

東証1部の売買代金は概算で3兆1898億円。売買高は15億3727万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1548と、全体の約7割を占めた。値下がりは563、変わらずは80銘柄だった。

リコーが大幅に上昇した。三菱自日産自も買われた。JR西日本やJR東海も上げた。ファストリソフトバンクグループなど値がさ株も上昇した。半面、古河電が大きく下落。川崎汽商船三井パナソニックやOKIも下げた。エムスリーは4日続落。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン