/

この記事は会員限定です

市場に台湾海峡リスク 日本株押し下げ要因浮上

日経QUICKニュース 編集委員 永井洋一

(更新) [有料会員限定]

日米欧の株式相場は歴史的な高値圏にあるが、市場関係者が長く無視してきた日本株のディスカウント(値引き)要因が浮上してきた。今回の日米共同声明は52年ぶりに台湾問題に言及し、台湾有事を想定した歴史的な転換点との見方がある。中国本土では新たに不良債権問題も発生。世界市場の「火薬庫」として台湾海峡を挟んだ両岸に注目が集まっている。

19日の日経平均株価は上値が重い。鴻海(ホンハイ)精密工業傘下のシャープは一時、3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1122文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン