/

今週の注目点、イエレン&パウエル議会での共演

米連邦公開市場委員会(FOMC)前には米連邦準備理事会(FRB)幹部が公的発言を控えるブラックアウト期間が設定されているので、今週は月曜から木曜までその反動のごとく要人発言が目白押しである。

特に23、24日(火、水曜)には、議会上下院でパウエルFRB議長とイエレン財務長官(前FRB議長)が証言する。23日には地区連銀総裁の講演も数多く、さながら今注目の金利の世界のスーパーチューズデーとなりそうだ。

以下、今週の予定されている要人発言予定と米国債入札をまとめた。

(日時は全てニューヨーク時間)

22日(月曜)

午前9時 国際決済銀行イノベーションサミットにパウエル氏参加

午後1時 サンフランシスコ連銀デイリー総裁

午後1時半 クラリダFRB副議長

午後7時15分 ボウマンFRB理事

23日(火曜)

午前9時     セントルイス連銀ブラード総裁

午後12時    パウエルFRB議長、イエレン財務長官 下院金融サービス委員会証言

午後1時     米国2年債入札(600億ドル)

午後1時25分  ブレイナードFRB理事

午後1時45分  ニューヨーク連銀ウィリアムズ総裁

午後3時45分  ブレイナードFRB理事

午後4時20分  セントルイス連銀ブラード総裁

24日(水曜)

午前10時    パウエル氏、イエレン氏、上院銀行委員会証言

午後1時     米5年債入札(610億ドル)

午後1時35分  ニューヨーク連銀ウィリアムズ総裁

午後3時     サンフランシスコ連銀デイリー総裁

午後7時     シカゴ連銀エバンス総裁

25日(木曜)

午前5時半    ニューヨーク連銀ウィリアムズ総裁

午前10時10分 クラリダFRB副議長

午前10時30分 ニューヨーク連銀ウィリアムズ総裁

午後1時 米7年債入札(620億ドル)

午後1時 シカゴ連銀エバンス総裁

午後7時 サンフランシスコ連銀デイリー総裁

市場の注目は、長期金利急騰・テーパリング(量的緩和の縮小)に関する発言に尽きる。

特にイエレン氏は米国債発行元、パウエル氏は購入者という関係にある元同僚である。イエレン氏が「財政は大胆に Act Big!」と説けば説くほど、市場では経済過熱リスクが意識され、FRBテーパリングの可能性が議論される。パウエル氏がゼロ金利政策継続を維持すれば、イエレン氏の立場では米国債による資金調達コストが低水準に抑えられる。さらにイエレン氏側では、1.9兆ドル規模のコロナ救済財政出動に続き、景気浮揚策として兆ドル単位のインフラ投資案も控えている。これはパウエル氏へのテーパリング圧力を強める。

FOMC内部でもテーパリングに関する意見の相違がFOMC参加者の金利予測を表すドットチャートにより明らかになっている。先週発表された最新FRB経済予測では2022年利上げ支持派が4人、23年は7人に増えていた。地区連銀総裁講演では、誰が「タカ派」なのかという「魔女狩り」が始まりそうだ。長期金利急騰に対する「火消し」としては、FRBのツイスト・オペ(短期債購入減、長期債購入増)が取り沙汰される。ブレイナードFRB理事は長期金利急騰懸念を示唆しており、注目される存在だ。もう一つの案であった民間銀行の国債保有に関する規制緩和は延長されず、19日のニューヨーク(NY)市場では国債が売られ株価下落要因となる一幕もあった。

議会証言は通常数時間にわたり、入れ替わり議員が質問者となる。選挙区向けの演説調質問も多いが、経済通の議員は、鋭くポイントを突いてくる。米経済テレビでも通常の番組を休み、通しで生中継する。市場は一言でも本音、失言は聞きもらさず、さらに発言の行間を読む。

なお株式・外為市場も、最近は米国債入札結果に敏感に反応するようになった。前回の7年債入札が不調だったので、ここは要注意である。

期末要因としては、債券価格の減価(利回り急上昇)により米国年金のリバランスの米国債購入が「安定要因」として期待されている。

さらに日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)や生命保険など機関投資家も、新年度に入りNY市場でもその債券購入動向が注目されている。

仮にさらなる長期金利上昇により1.8%から2%が視野に入っても、そのプロセスは一直線ではなかろう。米国債市場が短期投機マネーの草刈り場と化した感があるからだ。空売りの際には米国債を借りてくる必要があるのだが、そこでレポ市場が使われている。短期金融市場で資金の貸し手になれば、担保として米国債を入手できるからだ。その結果、レポ市場で貸し出し競争が激化してマイナス金利という異常現象まで起きている。長期金利の変動幅が大きい状態が続きそうだ。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン