/

この記事は会員限定です

粘り腰の自動車、中国・EVがけん引、日電産が存在感

異形の市場 第2章~激変する物色動向(3)

[有料会員限定]

2020年、未曽有のコロナ禍は日本の製造業の要である自動車産業を直撃した。主要メーカーは相次いで生産停止に追い込まれ、部品メーカーや機械、素材などあらゆる企業の業績はかつてないほど急速に悪化。市場にも一時、悲観的な見方が広がった。それと同時に自動車産業は「100年に1度の変革期」とも言える局面を迎えている。注目すべきキーワードは、中国と、電気自動車(EV)だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン