/

日経平均 終値11円安 コロナ警戒、英EU合意には安心感

(更新)

25日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに反落し、前日比11円74銭(0.04%)安の2万6656円61銭で終えた。新型コロナウイルスの感染拡大への警戒や米追加経済対策を巡る不透明感が重荷となった。もっとも英国と欧州連合(EU)が将来関係を巡る交渉で合意し、年明けの経済・市場の混乱が回避されたことが安心材料となった。クリスマスで商いも細り、方向感は乏しかった。

朝方は英EU交渉合意を好感する買いが先行した。だが勢いは続かず、買い一巡感は下げる場面が多く続いた。国内で新型コロナの新規感染者数が連日過去最多となるなど、投資家心理が低下していることが影響した。

中国・上海などを除き、海外の主要市場はクリスマスで軒並み休場。外国人投資家の商いが低調で、一方向に取引を傾けにくい環境だった。前日終値近辺での値動きがほぼ終日続き、日中値幅(高値から安値を引いた値)は80円弱だった。

JPX日経インデックス400は3日続伸した。終値は前日比31.50ポイント(0.20%)高の1万6084.59だった。東証株価指数(TOPIX)も3日続伸し、4.14ポイント(0.23%)高の1778.41で終えた。

東証1部の売買代金は概算で1兆2547億円。東証がシステム障害で終日売買停止となった10月1日を除くと2019年12月25日以来1年ぶりの低水準だった。売買高は6億9480万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は764と、全体の3分の1。値上がりは1312、変わらずは112銘柄だった。

閑散相場のなかで海運株は気を吐いた。郵船が前日に2021年3月期業績見通しを上方修正する見込みと明らかにし、同業他銘柄にも追い風となった。

ソフトバンクグループが下げ、オリンパスリコーが下落した。ソニーパナソニックも安かった。半面、日立造が上げた。昭電工も上昇。デンソージェイテクト富士フイルムも上げた。

東証2部に上場したサンエイ(6230)は公開価格を60.2%上回る3525日で寄り付いた。終値は初値比18.7%安の2865円。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン