/

日経平均続伸、終値271円高の2万8362円 米株高を好感

(更新)

2日の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。終値は前日比271円12銭(0.97%)高の2万8362円17銭だった。前日に米株式相場が上昇した流れを引き継いだ。米国で個人投資家による投機的な買いが弱まり、持ち高整理を迫られていたヘッジファンドなど機関投資家のリスク選好姿勢が回復するとの見方から、幅広い銘柄に買いが入った。

前日の米国市場ではハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数やフィラデルフィア半導体株指数(SOX)の上昇が目立ち、東京市場でも東エレクなど半導体関連株に買いが先行した。米長期金利が上昇したのを手がかりに、非鉄金属や鉄鋼などの景気敏感株にも買いが入った。日本時間2日のシカゴ市場で米株価指数先物が堅調に推移し、2日の米株式相場が安定した動きになるとの期待から買いが優勢になった。

2020年4~12月期の連結決算が本格化するなか、21年3月期の業績予想を上方修正したデンソー豊田織、アイシンなどが買われた。日経平均は前場に下げに転じる場面があったが、業績が想定よりも良好と受け止められた銘柄への買いが相場を支えた。

政府は2日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言について、東京など10都府県を対象に3月7日まで1カ月延長する方針を基本的対処方針等諮問委員会に提示し、諮問委が了承した。医療提供体制が厳しいとして延長は想定内との見方があり、材料視されなかった。

JPX日経インデックス400は続伸し、終値は前日比141・54ポイント(0・85%)高の1万6744・37だった。東証株価指数(TOPIX)は続伸し、17・18ポイント(0・94%)高の1847・02だった。

東証1部の売買代金は概算で2兆5772億円。売買高は11億6898万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1730と、全体の78.9%を占めた。値下がりは379、変わらずは82だった。

資生堂パナソニック住友鉱が上昇。東エレクやアドテストソフトバンクグループが上げた。ソニートヨタが買われた。一方、シスメックスキーエンス塩野義が下落した。中外薬京セラ協和キリンが売られた。任天堂大和も下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン