/

この記事は会員限定です

ジェレミー・シーゲル教授「S&P500種は15%上昇へ」

21年の米株相場を聞く

[有料会員限定]

2020年の米国株相場は新型コロナウイルスのまん延で急落した後、強力な財政金融政策を支えに持ち直した。過去最高値圏で迎える新年も一段高が見込めるのか。ペンシルベニア大学ウォートン校教授で、投資ファンドのアドバイザーも務めるジェレミー・シーゲル氏は「相場が急落するリスクは見当たらず、S&P500種株価指数は年間で15%上昇する」と予想する。(聞き手はNQNニューヨーク 古江敦子)

ワクチン、新政権、緩和継続……好材料多く

――202...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1291文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン