/

この記事は会員限定です

大和証券がデジタル社債 デジタルガレージの基盤活用

[有料会員限定]

大和証券がブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用したデジタル社債を発行した。電子決済システムなどを手掛けるデジタルガレージ(東京・渋谷)が持つプラットフォームを使って実証実験をし、発行から償還まで一連のプロセスを電子通貨で行う。企業の資金調達手段としてデジタル社債を提案できる体制を整える。

大和証券とグループの子会社は2つのデジタル社債、計1100万円を25日に起債した。いずれも償還は3月26日。技術基盤はデジタルガレージが出資する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り434文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン