/

この記事は会員限定です

アジア系ファンドPAG、日本企業投資に参入 大型案件狙う

[有料会員限定]

アジア拠点の大手投資ファンド、PAGは日本での企業投資に本格参入する。投資銀行とファンドからそれぞれ1人ずつ幹部人材を招き、ファンドの運営体制を拡充。今後数年かけて、国内で数千億円を投じる方針。有力ファンドの参入で、国内企業を巡るM&A(合併・買収)がますます活発になりそうだ。

2021年1月に、クレディ・スイス証券で投資銀行本部長を務めた伊藤宏一氏と、国内投資ファンドの丸の内キャピタル(東京・千...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り436文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン