/

この記事は会員限定です

中小の資金繰りに新手法 受注時に売掛債権を資金化

[有料会員限定]

中小企業の資金調達を助けるサービスが多様化してきた。フィンテック企業のトランザックス(東京・港)は受注時点で売掛債権の買い取りが可能なリスク分析手法を開発し、ファクタリング企業などへ提供を始めた。購入型クラウドファンディング(CF)の利用も拡大している。新型コロナウイルス禍に苦しむ企業が増える中、既存の金融を補完する資金繰り手段が育つ可能性がある。

企業が納入先に対して持つ売掛債権を手数料を払って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1201文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン