/

この記事は会員限定です

新規参入行、預金残高5年で2倍 キャッシュレスも追い風

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

インターネット銀行を中心とした新規参入銀行の業容が拡大している。低コストに加え、デジタル化という社会構造の変化を追い風に11行の預金残高は合計で26兆円強とこの5年で2倍弱に膨らんだ。2000年に第1号のネット銀行が開業して20年あまり。新型コロナウイルス禍でキャッシュレスが加速する中、存在感はさらに高まりそうだ。

ネット専業銀行やセブン銀行など流通系を含む国内の主要11行について、直近で公表された20年9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン