/

この記事は会員限定です

行政サービス受託企業を支援、ドリームIがファンド

事業資金を提供、報酬は成果型

[有料会員限定]

コンサルティングやベンチャー投資を手がけるドリームインキュベータ(東京・千代田)は3月末までに、民間資金を集め、成功報酬型で行政サービスを受託する企業向けの「ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)」ファンドを設立する。民間活力により行政サービスの質向上と効率化をめざすファンドで、資金規模は当初100億円程度を予定し、数年後に1000億円規模を目指す。

ドリームインキュベータは金融機関や企業から出資を募る。特に社会貢献...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り218文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン